アプリ開発もインフラ構築も経験した次は新サービスを生み出す

Kuma

2005年に新卒で入社後、アプリエンジニアとして『楽天リサーチ』の立ち上げに携わる。
『楽天GORA』の追加開発・運用を手がけたのち、『楽天ビジネス』では仕様作成、インフラ構築を自ら希望し担当。その後『楽天トラベル』の基盤構築・運用に従事した後、現在は新規事業立ち上げのプロジェクトマネージャーに挑戦中。

必要と感じた技術を習得していった結果、アプリもインフラもできるようになっていた

学生時代は理学部で神経科学について勉強。メーカーなどで専門分野を活かすという道もありましたが、面白そうなことができそうな企業で働きたいと思い、楽天へ入社。1年目に私が携わったのは『楽天リサーチ』の立ち上げでした。基本的な全体研修を受けたのち、実戦を通してPHPのコーディングとMySQLを習得。ここから私のエンジニアキャリアが始まりました。次の『楽天GORA』で追加開発・運用を手がけ経験を積んだ後、入社2年目にはプロデューサー兼アプリエンジニアとして、『楽天ビジネス』の仕様作成から担当。ここでは自分でコードを書いたり、サーバ運用を行うなど、幅広く仕事を手がけていました。

プロデューサーとして全体を考えるようになってからは、アプリ以外ことも学びたいと思うようになり、インフラ構築にも挑戦。興味があることや必要と感じた技術を次々と習得していったところ、アプリからインフラまでスキルの幅を広げることができました。

新しいテクノロジーを検証しながら、積極的に取入れていく開発スタイル

私が最近まで担当していたのは『楽天トラベル』。ここでは基盤構築や運用全体の設計、改善を提案していました。『楽天トラベル』でもクラウド化を進めており、どのように標準化していくのか、また新しい環境に対応するための何が必要となるのかなどを、日々考えプランを考えていました。分散KVSを使用し、統計データから全体の工数・コストを考えるなど、新しい手法も多く試しました。また『楽天トラベル』以外でも使える社内ツールを開発するなど、その気になれば自身の仕事の幅を広げることができます。

楽天の開発は、新しいテクノロジーを検証しながら積極的に取入れていくようなスタイル。スピードは常に要求され、「勉強に多くの時間を費やすよりもまずやってみる姿勢」が大事。システムの可用性に関わる部分に関してはオペレーションの標準化がしっかりしていることや、上司もメンバーの仕事ぶりを把握しているので、大胆なチャレンジが可能です。

これまで身に付けたスキルを発揮し、まだ世の中にないサービスを生み出す

入社以来、約7年間、アプリ開発、プロデューサー、インフラ構築・運用と、様々なポジションを経験し、スキルの幅を広げてきました。次に私がチャレンジするのは新規事業立ち上げのプロジェクトマネージャー。楽天の開発部門では誰もが自由に応募できる「オープンポジション」という制度があり、この制度を利用し、新規事業立ち上げポジション募集に応募したところ合格。当時の上司にもエントリーしたいことを相談したところ、「アプリから基盤まで、これまで身に付けたスキルを発揮し、新しいことに挑戦できるチャンスだ」と、快く送り出してくれました。

以前から、新しいサービスをイチから作ってみたいと思っていた私にとって、また新たな挑戦が始まります。より深い技術を追求していくことも、新しいサービスや事業を作りだすことも、楽天のエンジニアなら実現することができると思います。

同じPrevious Jobカテゴリーの人を見る

  • Kim
  • Tomoko

同じAgeカテゴリーの人を見る

  • Tony
  • Numan
  • Kim
  • Marcus
  • Amy
  • Freddie
  • Sunny
  • Yagie
page top